祈り ・・・東大寺万灯供養・・・

c0036283_10124594.jpg
c0036283_10135064.jpg
c0036283_9561381.jpg
c0036283_10141259.jpg
祈りの声は、闇に染み渡っていく

今更ですが、8/15のなら燈花会と東大寺万灯供養の時の写真をアップです。

なら燈花会は、数年前からNPOが地元とボランティアの協力を得て催しているもので、奈良の街中、公演、仏閣を灯りで彩るイベントです。
一方、東大寺万灯供養は、伝統行事で毎年8月15日のお盆に東大寺の大仏殿の周りを祈りを込めた灯りを並べるというもの。

私は昨年、なら燈花会をみる目的で行ったのですが、丁度8月15日だったので、東大寺万灯供養を観て、そのスケールに圧倒されました。
あれは、観た人でないと味わえないですよ!
人垣から門をくぐった瞬間、目の前に広がる数多の灯り。
何よりも、普段は開いていない大仏さんのお顔が見える窓(?)が開いてるのです!

心があらわれる、とか、煩悩を落とすといった感覚を味わえますよ。

というわけで、今年もその感覚を味わいに行ったのですが、生憎の雨。
それでも、一緒に行った友達は、今年初めてだったのですが、思惑通り、見事にトランス。
「これは観なきゃ!来年も実家に帰ってなかったら絶対来る!」て言うてました。

んで、一応撮ったのですが、私の写真では全然その感動が伝えられません・・・
[PR]
by shima330 | 2005-08-27 10:13 | ●写真
<< なら燈花会 cross over >>