チャーリーとポップコーンとペーパークラフト

c0036283_2301780.jpgc0036283_2292446.jpg

淡々と日記ですよ。

今日は、午後からス○バでコーヒー飲みつつ打ち合わせ~
きのことチキンのホットサンドイッチってのを食べましたが、美味しかったですよ!
打ち合わせしながらでしたので、あまり味わえませんでしたけど(笑

打ち合わせ終了後、せっかくレディースディ(水曜日)に、街に出てきたのだから~と映画を観ることに。
他に観たいのがなかったので、「チャーリーとチョコレート工場」観ました♪
うん、楽しかった♪
TOHOシネマズでは、館内にチョコレートの香りが漂うという演出をしていました。
チョコレート工場に入るとふんわりと館内に漂ってくるカカオの香り・・・
ぐ~~(おなかの音)

それはよかったのですが、隣の若い女子3人組がいただけませんでしたよ。
そもそも、開演直前に隣に座ってきたときから嫌な予感がしたのです。
大きなポップコーンの箱を3人が3人とも抱えている!
耳元でポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリ・・・
嫌がらせかー!!
あれって、意外に耳につくんですよね・・・
なんであれ、映画館で売るの??

そして、お話が終わってエンドロールが流れ出した途端。
大声で感想を言い出す3人組・・・
エンドロールも映画の一部じゃー!!
他人の感想なぞ聞きたくないわい!!気分を壊すなー!!
話すんなら外へ出ろ!!
と、イライラ・・・

私の集中力が足りないのかしらん。


そしてそして、高槻のアルプラザにある大垣書店がとても好きなのです。
理由は以下の通り。
まず、面積が広くてゆったりしていること。
雑誌の種類が豊富なこと。
芸術・デザイン関係の本が豊富なこと。
平積みしてる本のセンスがいいこと。

そんなわけで、今日もゆったりとアレコレ本を見ました。
んで、買ったのが中林ういさんの「Paper×Paper」
とってもかわいい紙工作がたくさん載った本です。
型紙も載っていたので、「これは!」と思い購入。
ホントは、コサージュとかが作りたくて、手芸の本を見ていたのだけど、ペーパークラフトに惹かれました。
というのも、ペーパークラフト好きなんですよ。

世界の名作椅子の魅力にはまった学生時代。
もちろん、それらはとっても高くて、ミニチュアですら手の届かない代物でした。
というわけで、この本を発見したときは大喜び!
「インテリア・ペーパーモデル 世界の椅子をつくる」
ヨダレを流して写真を眺めていた世界の名作椅子が自分で作れるのです!
カッターで精密に切り、組み立てるという作業を夜な夜なやってました。
没頭してる時間が最高。

というわけで、また久しぶりにペーパークラフトに取り組もうと思います♪
今度の本は、可愛いカードなんかを作るのがメインなんですけどね。
楽しみ~♪
[PR]
by shima330 | 2005-10-19 23:59 | ●日記
<< 木登り猫 遠からず -in the no... >>