人物を撮る

c0036283_23332848.jpg

自販機の灯りを利用して友達を撮りました。
撮らせてくれた&ブログ掲載OKって言ってくれたこちらのモデルちゃん、ありがとう♪

横顔ってすごい好きなんですよねー
こっちを見ていないストイックさというか、なんというか、なんしか好きです。
昔からよく友達の横顔を撮っていた気がします。

先日購入した「ナショナルジェオグラフィック プロの撮り方 人物編」を読んでいます。
これまで人物をあまり被写体にしなかったのですが、何冊かあるこのシリーズで一番惹かれたのが人物編で。
一念発起で人物を撮ろう!と。
この本は、基本的技術や実用的側面よりも、心構え的な部分が多くて楽しいです。
人へのアプローチの仕方だとかが書かれていたり(笑

当たり前だけど、言われてみればそうだよね、といったことをあらためて思い出させてくれる。

写真で何を伝えたいか、
どうやったらそのことが伝わるか(被写体、構図、光、時間帯、シャッタースピード、絞り・・・)

熟考して、撮る。
時には、待つ。動き回る。最適な瞬間や構図を求めて。
最近片手間にパチパチ撮りがちだったので反省です。

そして、これまで風景ばかり写したくて、人が通らない瞬間を待って撮ったりしていたけど、その場にいる人も情景として、空気を伝える被写体として活かせたらなぁって。

感性の求める方向に歩いて
感性が揺さぶられる瞬間を、光景をおさめるために、時間をかけて撮らなければ。
正面から向き合わないと。
[PR]
by shima330 | 2006-01-16 23:52 | ●写真
<< 久々カフェ チキンラーメン手作り体験 >>