「ほっ」と。キャンペーン

イギリス5日目その2 ロンドン Swiss Re Tower by Norman Foster

出ました、フォスター卿のガラス建築です。ガラスのドーム系と言えばこの人!
40階建て、ガラス5500枚が使われたその威容は見る者を圧倒します。
しかしながら圧迫感がないのがスチールとガラスという素材のなせる業でしょうか。
c0036283_1332740.jpg

c0036283_1341841.jpg

c0036283_1342872.jpg
ラッキーなことに晴れて、青空との対比、周囲の建築物の映り込み、そして周囲の建物に落とす影も楽しむことができました。
鑑賞と撮影と休憩とで、1時間近くこの周りをぐるぐるしてました(笑

ちなみに、建築は見るのが好きなだけで全くの素人なので、専門性のある解説ができなくてすみません^^;
いいんです。よくわからなくても「うわーなんかカッコイイ!」とか「綺麗!」とか観て楽しめれば。という姿勢で建築鑑賞しています。



c0036283_13434.jpg
IRAのテロ跡地に建てられた巨大建築という背景もあるのかと思いますが、セキュリティーはかなり厳しそうでした。
周りをぐるぐる回って写真を撮っていても、カンフー映画に出てきそうな小さいマッチョなおじさんがジロジロと見てました。
そして、ひとたび軒下に入って撮ろうとしたらば!
「外からはいいけど、これより中はダメ」と注意されました・・・庇の下ってだけで屋外なのに・・・

予約すれば内部観覧ツアーに参加できるという情報も見たのですが(このへんは全てCasa Brutus情報)、宿の予約以外の英語の電話かけるのはアタフタしそうなので、やめました(笑
[PR]
by shima330 | 2006-05-12 11:00 | →イギリス-建築
<< イギリス5日目その3 ロンドン... イギリス5日目その1 ロンドン... >>