ベルリン初日 Kunstlerheim Luise [Hotel]

15時過ぎ、ベルリンテーゲル空港(Tegel Airport)に到着。あんなにも焦がれたベルリンに再び降り立てて感無量でした!
TXL-ExpressBusに乗って、30分弱でホテルの最寄のバス停Karlplatzにて下車。
そのバスの車窓からの眺めにもドキドキ。しかも爽やかに晴れていました!
ロンドンがどんよりしていただけに余計に晴れやかな気分に。

いつもはホステルのドミトリーに泊まったりするのですが、今回は色んなホテルの内装も楽しみにしていたのです。
1,2日目はKunstlerheim Luise(キュンストラーハイム・ルイーゼ)というアートホテルを予約していました。
アートホテルと言っても、シャワー・トイレが共同の部屋の場合はお値段も結構リーズナブルです。
このホテル、ホームページを見て頂いたらわかるのですが、一部屋ごとに内装をデザインしたアーティストが違って、ユニークな部屋なのです。
中にはとてもくつろげなそうな部屋もありますが・・・(HPでは全ての部屋の写真を見られます)

予約の際にいくつか希望の部屋の候補を挙げていましたが、果たしてどんな部屋になるのか?!というワクワクもまた一興。

果たして、316号室と鍵を渡されて行くと、そこはドアからしてお金に埋め尽くされた部屋でした。
J. J. Annirocというアーティストの"Dreams that money can buy"というお部屋。
c0036283_2562675.jpg
ドアにはお札が貼られています。タイルに見える床も、実はお札のコピー。
c0036283_256495.jpg
柱と天井にはコインが貼られ、地球から垂れ流されるコインを壁から突き出た手が受け取っている・・・
c0036283_257235.jpg
この最後の1枚は、今だったら違う撮り方をするな~と思います。ど真ん中に被写体を持ってこないでホワイトスペースを活かして・・・ていう撮り方をしたいなぁ。
c0036283_2571285.jpg

結構気に入りました♪光も入って明るいですし、すこぶる清潔ですし、機能的にも申し分なく部屋中のあちこちにおもしろい仕掛けが!
シャワー・トイレは共同とはいえ男女別でいくつかありますし、他の人と会うこともなかったです。

→人気blogランキング この部屋に泊まったらお金持ちになれる?!に1クリックよろしくです
[PR]
by shima330 | 2006-05-16 16:00 | ■旅行・ベルリン編
<< ベルリン初日 その2 Kuns... ロンドン出発日 朝食 Hote... >>