「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:■旅行・ベルリン編( 51 )

旅の終わり。

朝食後、支度をして空港へ。
案外近かったこともあり、フライトの3時間前には空港についてしまい、とても暇でした。
早く着きすぎてチェックインカウンターもオープンしていなかったくらいです。
チェックインできないので大荷物を持った状態で動き回れないし、ベルリンのテーゲル空港はそれほど大きくなく、お店もそんなにたくさんないので、時間をつぶすのが大変でした。実家に電話してみたり。
早く行ったのにはわけがあって、長時間のフライトになるので、なるべくいい席を確保したかったのです!
しかししかし!KLMなのでベルリン→アムステルダム→大阪という空路で、アムステルダム→大阪の席までは指定できないとのこと。
関空から飛び立つ時は、乗り継ぎ後の席も指定できたのに!!
対応悪いな~ぶ~ぶ~KLMは全体的に感じもわるかったので、次はもう乗らないかな(--メ)
c0036283_23505549.jpg
バイバイ、ベルリン☆
c0036283_23511054.jpg

乗り継ぎも問題なく、無事日本に帰ってきました。
旅の終わり、関空から地元までのバスから見る日本の風景は・・・あまり美しくないのですがそれでもやはりほっとしますね。
[PR]
by shima330 | 2006-05-22 12:00 | ■旅行・ベルリン編

旅立ちの朝

c0036283_436398.jpg
爽やかに晴れた朝です。朝食を食べるレストランの前にヤコブセンのチェア。にくめない丸さ。
c0036283_4362815.jpg
朝食はビュッフェ形式ですが、ここもまたオシャレで素敵なのでした。朝食ワゴンもフューチャー・・・ほんとはもっとバシバシ写真撮りたかったのですが、一人だし他のお客さんはいるし店員さんはクールだしで、はずかしくって撮れませんでした。
c0036283_4364355.jpg
フルーツの入れ物がグラスって可愛いですね。家でもすぐに出来そうなアイデア☆
サーモンやハムなども、どかーんと盛られているのではなく、ひとつひとつオードブルのように盛られていました。生春巻きっぽいのもありましたよ。

昨晩のうちに行けなかったサウナですが、やはり諦めきれず(せっかく泊まったんだから利用できるものはせねば!という貧乏性)、朝食行く前に、朝一番に挑みました。
サウナに行く時は部屋からバスローブで行くので、少しとまどいもありましたが(日本で言う温泉で浴衣、みたいな感じでしょうか?)やはり廊下でもどこでも誰とも会わず。
サウナの前でやはりまた入れずにウロウロしていたら、出勤してきた係りの方が、ルームキーを通せば入れるのよ、と教えてくれました。
なんと・・・!
ということは、昨日もルームキーを通せば入れたのですな。

やっとの思いで入ったミストサウナですが、う~ん。うん。ミストサウナ。って感じで(笑)
爽やかな目覚めを演出してくれました。多分。
[PR]
by shima330 | 2006-05-22 07:30 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その7 Ku'damm 101 【Hotel】

ベルリン最後の晩に泊まったのは、Ku'Damm 101(クーダム101)というデザインホテル(公式サイト)。
ベルリンにデザインホテルはたくさんあるのですが、(比較的)お手頃な値段でミニマルなデザインに漬かれるということでここへ。
ベルリンでの最初の2泊を過ごしたKunstlerheim Luiseはカテゴリ的にはアートホテルになるのですが、まったく違った趣。
あちらはリノベーション建築でもあり、古く趣のある建物をアートで好き放題くるんじゃいました!という感じなら、こちらはすみずみまで近代的!
むしろフューチャー!
c0036283_23104769.jpg
ロビーのバーコーナーには、アールニオのポニーチェアがおわしますよ。かわえぇのうかわえぇのう。
c0036283_2311142.jpg
ロビー奥のスペースでは、アーティストの展示も随時行っているらしいコーナーが。この時は特に作品らしきものはありませんでしたが、シルバーのアルミぽいやつはドリンクが入っています。フューチャー感満点です。
c0036283_23114497.jpg
そしてお部屋は白と青と焦げ茶というとても落ち着く配色でシンプル。ヤコブセンのセブンチェアがポイントになっていますね。
c0036283_413876.jpg
でもってテレビがめちゃくちゃ可愛いです。こんなテレビ台(カバー?)売っていたらなぁ!
c0036283_2312766.jpg
水周りの設備もシンプルな機能美。

1泊だけでしかも明日はベルリンを発つ日とあって、荷物もあまり開けずバタンキュー。
実は、ミストサウナがあって宿泊客は入れるとHPか何かで見て楽しみにしていたのですが、該当する場所に行っても、鍵がかかっていて入れず。
人の気配もまったくないのでどうしたらいいかわからなくて、その晩は入れませんでした。
Woman excite ウーマンエキサイト 旅とお散歩 : 旅とお散歩情報 投稿
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 21:00 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その6 この日の空

c0036283_0263863.jpg

c0036283_0265731.jpg

c0036283_0271359.jpg

c0036283_0272971.jpg
音楽に満たされた会場で、あぁー明日にはもう帰ってしまうのかー
と妙にセンチメンタルになってしまった夕方でした。
この日の高い空がそうさせたのかもしれません。
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 18:00 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その5 Dussmann Jazz Marathon

マーケット巡りを終え、トラムでFriedrich str.へ戻ってきました。
トラムを降りると、どこからか音楽が鳴っているのが聴こえる・・・音のする方へ行ってみると、たくさんの人が広場に集まり舞台を見ていました。
Dussmann Jazz Marathonというイベントが開催されていました。ジャズマラソンということは、一日中色んなジャズグループが演奏していたのでしょうか。
c0036283_15352163.jpg
私が行った時には、バンドネオン(アコーディオン?)の居るバンドで、ジプシーっぽい音色漂うボーカルグループでした。ギターとコントラバスも参加し、とってもカッコよい音楽をやっていました。
c0036283_15345247.jpg

c0036283_0194099.jpg
めちゃカッコよかったので、CDも買ったのですが、あのCDはいったいどこへ・・・我が家の大量のCDの中に紛れ、行方不明です・・・
そしてイベントにつきものの!ビール!私が呑んだのではありませんよ(笑)
日本の居酒屋の大ジョッキよりも大きいサイズしか売っていませんでした・・・水がわりなんですね。
c0036283_15354528.jpg
もちろんビールのお供にソーセージ!炭火焼でした。うまそう~ですが昼にも食べたので食べませんでした。
c0036283_1536040.jpg
人間は音楽とビールに酔いしれていましたが、犬はとっても退屈そう。老犬なのかな?
c0036283_15361582.jpg

[PR]
by shima330 | 2006-05-21 17:00 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その4 ベルリンの蚤の市③

さて、一日に3つ目のマーケットです。
夕方になりつつあったので焦って向かいましたが、開催している広場の名前を頼りに地図を見ながら向かいました。
住宅街の中にある広場で開催されており、結構周辺でぐるぐると道に迷いました。
ここか、この前に行ったのはBoxhagener Platzかな?っと。なんとなく・・・(遠い目)
木陰にお店が並んでいて、雰囲気のいいマーケットでした。
c0036283_23571198.jpg

c0036283_23573443.jpg
東独時代の可愛い雑貨が売られているお店もありました。
写真撮っていいですか?と聞いたらなんでもないことのようにOKしてくれました。

通りかかりのアンティーク雑貨屋さん。可愛いものがいっぱい見えたのですが、日曜だったのでお休み・・・残念。
c0036283_013749.jpg

c0036283_024553.jpg
こちらも通りかかりのアパートメント。ファサードがとっても可愛かったのでぱちり。
とっても適当な撮り方ですけども^^;

私が行ったマーケットは思ったほど食器類や雑貨が売っていなかったので、最初のところで買ったレコード以外、ほとんど何も買いませんでしたが、たくさんマーケットが見られて満足な一日でした。
マーケットでは現金しか使えないので、残り少ない現金を取っておいたのですが、これだけ何も買わないなら最初のところでれコードを何枚も買っておけばよかった~と思っても後の祭り。
マーケットでは出会った時にパッと買わないとダメですね!
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 16:00 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その3 ベルリンの蚤の市②

次に来た蚤の市は・・・ここはどこでしょうか(^^;)
どこの蚤の市かは覚えていませんが、そこでの光景ははっきりと覚えているのですが・・・
とりあえず、おなかがすいたので腹ごしらえ。
c0036283_15897.jpg
焼いたソーセージをぱくっとパンに挟んで渡されます。こうすると、手が汚れずトレイなどもいらないので、ゴミが出ませんね。さすがエコの国☆
ケチャップとマスタードはつけ放題。熱々で、外側カリっと中はジューシーでとっても美味しかったです。
ここのマーケットはかなり広かったです。奥にずーっと通路が続いて、何本かに別れてたくさんのお店が並んでいます。
並んでいる商品は、可愛いヴィンテージ雑貨や食器を探す、というよりもドイツに住む人が日常的に使う家具やジャンク品が非常に安く手に入る、という地元感漂う品揃えが特徴でした。
c0036283_151955.jpg
何が入っているのかダンボールの中にものがごちゃごちゃっとたくさん詰まっています。手前のお兄さんは、盗難防止?買ったの?自転車のタイヤを持っているのがおもしろいです^^
c0036283_155988.jpg
ダンボールの中には、使えるのか?レトロな飾り物として?年代モノの電話機
c0036283_161776.jpg
割れたり欠けたりしてるものもあるけれど、よくよく探したらお気に入りが見つかるかも?な食器の山
c0036283_163847.jpg
レトロかわいい家具も無造作に置いてあるのが楽しい!
c0036283_165016.jpg

c0036283_171282.jpg
何も買いませんでしたが、日常感&ジャンク感漂いまくりで、観ているだけでかなり興奮でした。
実際に私が生活していたら、こういうところで古い家具を買って修理したりアレンジして使うのもとても楽しそうと思いました。
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 14:30 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その2 ベルリンの蚤の市①

小雨のぱらつく中、石畳をガラガラ荷物を引いて、バス停まで。
次のホテルまでは地図などを見た限り、バスが最短のようでした。
バス停まで行くも、日曜日のため極端に便数が少なく、次のホテルのところまで乗り換えなしでいけるはずの路線が途中までだったり・・・日曜日は要注意です!

お店もたいがいしまってしまうヨーロッパの日曜日。そんな日曜日の楽しみと言えば、広場などで開かれる蚤の市です。
とにかく蚤の市見るだけでも大好きなので、ロンドンでも駆け足で巡っていましたが、ここベルリンでも駆け巡りました!
1箇所目は・・・と言いたいところなのですが、記憶もメモもどこへやら。写真を見てもここはどこ・・・?状態です。
c0036283_0311499.jpg

c0036283_0321449.jpg
どうやらArkonaplatz(アルコナー広場?)という場所の蚤の市らしいです。
ここでは、ドイツテクノ好きの人へのお土産に、クラフトワークのレコードを散々迷って買いました。
お店の人に「レア!」と言われ買ったのはコンピレーションのやつだったのですが、マニアというのはコンピではなくオリジナルが好きらしいです・・・
難しい!
しかし、後から行った場所でも、ドイツの蚤の市では、たくさんレコードが売られていました。
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 12:30 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン6日目 その1 Ich bin kurz weg.

c0036283_22532434.jpg
結局、泊まった部屋は撮れずじまいだったCircus the Hostel
(やはり相部屋なので他の人のものもあって、なかなかタイミングが難しかったのです)
これはホステルを去る日に撮ったエレベーターホールでの一枚。
ベルリン滞在最後の晩となるこの日は、少し贅沢してホテルを取ったのです。
[PR]
by shima330 | 2006-05-21 08:30 | ■旅行・ベルリン編

ベルリン5日目 その2 Deutsches Historisches Museum by I.M.Pei.

c0036283_21471666.jpg

c0036283_21473323.jpg
博物館島にあるドイツ歴史博物館の建物を観に来ました。
周辺には、古代ギリシアのペルガモンで発掘された遺跡が展示されていて人気のベルガモン博物館やなど巨大な博物館が集まっています。
修復もほとんど終わったようです。

今回観に来たドイツ歴史博物館を設計したのは、ダヴィンチ・コードの鍵を握る存在ともなったパリのルーブル美術館のガラスピラミッドを手がけたイオ・ミン・ペイ。
こちらでもガラスを巧みにつかっています。
ただ、曇っていたのが非常に残念。晴れていたら、ガラスの螺旋階段の向こうに青空がとてもきれいなようです。
また、疲れていたので中には入りませんでした。
建物について詳しくはこちらが詳しいようです。
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/berlin_ab/02/index.html


この日は本当にくったくたで、何もする気が起こらず、この後写真も全く撮っていなくて、何をしていたのか思い出せません。
博物館島で食べたカレー・ブルスト(焼いて食べやすい大きさにカットしたソーセージに、たっぷりのケチャップとカレー粉がかかったベルリンのスナック。)が、バカ高かったうえに、食べられたものじゃないまずさだったことだけ覚えています。
後から考えて、あれはどうもボラれていたなと気付き、わなわなしたり。
大阪でまずいたこ焼きに出会うくらいのレアな確率でまずいカレー・ブルストをひいてしまったわけですが、あれはやはり観光客向けの立地ゆえでしょうか。

次回ベルリンを訪れた際には、美味しいカレー・ブルストを食べたいです・・・
[PR]
by shima330 | 2006-05-20 12:30 | ■旅行・ベルリン編