<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寄れるズミクロン

c0036283_0425655.jpg

c0036283_043113.jpg


赤子の手足ってたまりませんね・・・
特に朝起きておむつを替えようとお布団をめくったときの無防備な足の格好にキューンとなります。
今度撮らねば。

DRズミクロンの試写の意味もこめて、子どものパーツに寄って撮ってみました。
フィルムの半分くらい手か足のアップで、
「赤ちゃんの写真見せて」と知人に言われた夫がこの時のフィルムの分を持っていったのですが、
「なんで奥さん足ばっかり撮ってるの?」と不思議がられたそうです(笑
[PR]
by shima330 | 2009-06-09 00:46 | ●写真

DR summicron 50mm/F2.0

c0036283_1421262.jpg

c0036283_143619.jpg

c0036283_143287.jpg

「Coffee time」M6+DR summicron50mm, Portra400NC

新しいレンズが仲間入りしました。
1961年製DRズミクロン50mmです。
近接ズミクロン、メガネ付きズミクロンとも呼ばれ、付属のヌーキー(メガネ)を付ければ、レンジファインダーの「寄れない!」というストレスを軽減してくれるモノです。
と言ってもコンデジでマクロ1センチまで寄れちゃう時代に、メガネ付けて最短48センチなんですけど・・・
いいんです!M6に付けたときのメカメカした感じが最高です。
それに、「でぃーあーるずみくろん」って響き・・・ゴツゴツしてていいですよね。

娘を撮るのに、やっぱり寄りたかったんですよね~

んで、描写は大満足~♪です

でも、標準50mm、また寄ることによってあらためて写真の難しさを実感!
考えて撮るって大事だな~と。
広角寄りの35mmだと被写界深度は割と深いので、ピントの精度とか被写体との距離とF値の関係とかあまり気にしなくてもそれなりに写っちゃってたんですよね。
(見る人が見ればあちゃ~なんでしょうが個人的にはOKな範囲で)
被写界深度よく考えて、撮りたい画を想像して狙って撮らないとな、と。
ピントも1センチ前後なだけで見られたもんじゃないボケボケ写真になります(2枚目だいぶ厳しいですね)。
修行ですね!それがまた楽しい~です^^
[PR]
by shima330 | 2009-06-03 14:15 | ●写真